車両購入アドバイス

>>index >車両購入アドバイス

車両購入アドバイス

スマイルプラザではお客様のご事情やどの様な介護環境で使用するか等、介護をする方される方の立場に立ち、購入の際の車選びから助成金や税金控除のアドバイスをいたします。

車の種類はどんなのがあるの?

現在、福祉車両も町で見かけるようになり、公共の場にも福祉車両専用駐車場が備え付けられている場所が多くなりました。 いざ福祉車両が必要となったとき、どのような種類があるのか、どんな種類が自分に合うのかを知ることが大切になってきます。 ここでは大まかに4つに分けたタイプの説明を簡単にご紹介いたします。お客様に必要なお車に合った車選びの参考になさってください。

お電話・メールアドレスでのお問合せも随時行っております。

回転シートタイプ

■このタイプの特徴
  • 助手席、後部座席のシートが外側へ回転できる。
  • 座席に座ったまま乗り降りすることが可能。
■こんな方にオススメ
  • 補助付き(杖や歩行器など)で自力歩行が可能な方
  • (膝が曲がらない人は不向き)
  •  

リフトアップシートタイプ

■このタイプの特徴
  • 座席を外側へ回転させた後、座席を低い位置まで下げる事ができる。
  • シートが外れ、そのまま車いすを乗り入れることも可能なものもある。
  • シートの位置が動かせるので車いすからの移乗がスムーズ。
■こんな方にオススメ
  • 乗り降りの際に足腰に負担を感じている方
  •  

車いすリフトタイプ

■このタイプの特徴
  • リフトを使い車いすに乗ったまま乗り降りできる。
  • 車いすの方を含め多人数での移動が可能。
  • ストレッチャーもそのまま乗せられる。
■こんな方にオススメ
  • 車いすのまま乗り込みたい方
  • 多人数での移動が可能なので送迎サービスに向いています。
  •  

スロープタイプ

■このタイプの福祉車両の特徴
  • スロープにより車いすのまま乗ることが可能。
  • スロープの幅と使用中の車いすの幅のサイズ確認が必要
  • 介助者の負担が少ない
■こんな人にオススメ
  • 車いすのまま乗り込みたい方
  • 通院など短距離の移動が多い方
  •  

>>ページトップに戻る


助成金や税金の控除があるみたいだけれど?

福祉車両を購入するに当たって、市区町村レベルで助成措置や貸付制度などがございます。福祉車両導入の際には、 お住まいの地域の福祉事務所または市役所等にご相談ください。

助成・控除内容

(あくまでも一例です。この表の内容が全ての都道府県で適応されているものではありません。内容は市区町村担当窓口までご相談ください)
購入資金貸付 身体障害者の通院・通学等、日常生活の便宜または社会参加のための自動車購入資金を一部貸付。
自動車改造費の助成 身体障害者に対して就労等に伴い自動車を取得する場合、その自動車の改造に要する経費が助成される。
自動車運転の技能取得費の貸付・助成 障害者が生業を営み、または就職するために必要な知識技能を身に付ける経費の貸付ができる。
有料道路の通行料金の割引 障害者当人または重度障害者が同乗する運転者の場合、通行料金が割引される。(事業用・貨物・タクシーなどは除く)
駐車禁止規則の適用除外 障害者当人又は、介護者が運転する場合、駐車禁止規制除外標章を前面に提示することで、原則適用除外とされる。

また、課税に対しても控除されます

税制度内容

(あくまでも一例です。内容は市区町村担当窓口までご相談ください)
消費税(国税) 対象の車両は購入時、修理時の消費税が免除されます。
非課税…車いす仕様車、助手席ムービングシ‐ト仕様車
課税…助手席回転シ‐ト仕様車、助手席回転スライドシ‐ト仕様車
重量税(国税) 車両、障害の等級などで減税、免税になることはございません。
自動車税(地方税) どの車両でも課税対象となりますが、障害者または生計を一にするものが運転し、用に供する場合、減免となります。障害の等級により減免になります。詳細は都道府県税事務所(軽自動車の場合は市町村役場)または福祉事務所にお問合せください。(身体障害者手帳、または福祉事務所長の証明が必要。)
また、一部地域では8ナンバー(車いす移動車)への改造をし、障害者の用に供する事が認められた車両の場合、減免の対象となる場合があります。
自動車取得税(地方税)

>>ページトップに戻る


自分に合った車がなかなか見つからない

スマイルプラザではお客様に合ったオリジナル車両をご提供したり、乗りやすいように改造することができます。
最初のヒアリング作業から製作工程、納車まで、お客様と一緒にお車をお作りしていきます。
詳しい内容は『オリジナル車両』のページまで。きっとご満足いただけるお車になると思います!

>>ページトップに戻る


福祉タクシー?介護タクシー?

福祉タクシーは、 介護や補助の必要な高齢者や身障者の利用時に、自宅のベットや車いすからの乗降などさまざまな介助をするタクシーのことで、ドライバーは2種免許及びヘルパーの資格が必要になります。
介護タクシーは、身体障害者の外出時のタクシー利用を補助する目的で、市町村が料金の一部を負担する等の制度でできたタクシーのことを言います。
介護タクシーの開業をお考えの方は、タクシー開業支援のページもご覧ください。

>>ページトップに戻る


必要なときだけ乗りたいのだけれども…

必要なときだけ車に乗りたい!そんな方にはスマイルプラザのレンタカーをご案内しております
急な外出などで必要になった、どうしても福祉車両が必要になった!そんな場合は是非スマイルプラザにご連絡ください。 直ちにお車をご用意して、お客様にお届けします。

>>ページトップに戻る